動画

体にいいもの食べた~い!

ココロとカラダがにっこり喜ぶごはんを作るよう心がけています。カラダにいいものや我が家の常備菜、自家製ものを記録しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

塩をうまく使って料理の腕を上げちゃおう♪


お昼ご飯


夏休みに塩の歴史・文化に触れ、塩を大切に扱おうと思うようになりました。
健康管理をするうえで、塩分摂取量を減らすことが必須と言われています。でも、塩は素材の味を引き立てる素晴らしい調味料。塩の魅力を知れば知るほど、もっと塩を上手に使っておいしい料理を作りたいって思います。
今日は、塩の魅力をまとめてみま~す。




塩なしの料理は味が落ちる?



前田利家が古今東西美味いもの話を武将としていた時 妻のおまつがこの世で一番美味いものは 塩田と言ったのを笑われたため後日各武将の上げた料理を塩抜きで作ったら とても食えたものにはならずに武将たちが詫びた 等と言う逸話もあるくらいです。資料より引用





体の機能を正常に保つために必要な塩分。
料理の味をおいしくするために必要な塩分。


あらためて、お塩とうまく付き合っていきたいって気持ちになってきた~~~。



さてさて、じゃお塩を料理にどう使おうか?
何気に、塩味付けたくって塩を使ってた~くらいだった私。調べてみると塩味付けるだけでなく、素材の味を引き立てるパワーがあることにビックリしました。



塩の力ってこんなにすごい!

□ごはんをふっくら
ご飯を炊くとき、塩をほんの少し加えると、ふっくら風味よく炊きあがる。
→新米に移行するまでのこの時期、ちょっと水分の抜けたお米が息がえるなんてうれしいな。


□色をきれいにする
ほうれん草やブロッコリーなどの青物をゆでるときに、お湯に少量の塩を加えるときれいな緑色に仕上がる。


□うまみを逃がさない
肉や魚に塩を振って焼くと、表面が早く固まりうまみが逃げない。
塩水で魚介類を洗うと、余分な水を吸わず、うまみがにげない。


□野菜がふっくら
豆や里芋を煮るときに塩を入れると柔らかく煮上がる。


□魚の煮くずれを防ぐ
魚に前もって少量の塩を振って煮ると、身が締まり煮くずれしにくくなる。


□青臭さをとる
キュウリなどを塩でもむと、水がしみ出てぱりっとひきしまり、あおくささがとれる。


□酸味に塩で酸味が弱められる
すし酢や酢の物に塩を加えると、酢の角々しい酸っぱさが丸くなる。


□だしに塩でだしのうまみが引き立つ
こんぶやかつおぶしなどのだしには、うまみ成分がある。でも塩がないとうまみ成分は味として感じられない。



塩のパワーは素晴らしい!でも、やっぱり使用する量には気をつけたいものです。塩をどんどん使えば・・・塩過剰摂取で、いろんな生活習慣病を引き起こしかねないですもの。



私は、上記の目的で塩を使う時、もちろん味付けとして使う時も
基本、塩少々程度にしています。

塩少々とは、
人差し指と親指でかる~くつまんだ量。
重さにして、約0.5g。小さじ1/8程度。


作るものの量によっては、塩ひとつまみにしています。
塩ひとつまみとは、
人差し指と親指と中指でかるくつまんだ量。
重さにして、約1g。小さじ1/5程度。


少しずつ塩を入れ、味を確認しながら使うよう心がけています。それが、塩の過剰摂取を防ぐ一つの方法だと思うからです。



調理時に適量をしっかり使っておいしいご飯を作りたいので、塩分が多い外食や加工食品摂取をもっとセーブすることを意識していこう~っと。(ついつい、仕事になると昼はコンビニ~とかで済ましてしまうから注意だわ!)




我が家でここ数年愛用しているお塩、これ好きです。


m-07.jpg




佐渡のみしお深海塩 藻塩です。(画像はHPからお借りしました。)

佐渡前浜海岸の海藻「ホンダワラ」を2日間天日干しし、それを海洋深層水でじっくり煮詰め、海藻のエキスを溶出させながら、さらに丹念に煮詰めて仕上げました。塩のしょっぱさを抑え、ほのかな「甘味」と「まろやかさ」をかねそなえた、素晴らしい塩です。ぜひ天婦羅でお試しください。 佐渡のみしお深海塩HPより引用





お昼ご飯


我が家では、天ぷらはもちろんおむすびを握るときは絶対これを使います。



塩は、健康維持の大敵と言われているけれど、料理の味を引き立てる素敵な調味料です。また、残暑厳しいこの時期、熱中症の予防にも塩は大活躍します。運動した時激しく汗をかくと、水といっしょに塩も出ていってしまいます。なので、水と一緒に塩もとるといいですね。水だけ飲むと、体液の塩分濃度が薄くなってしまい、体は塩分濃度をあげようとさらに水分をあげようと、さらに水分を放出。脱水状態がすすみ熱中症になるんですもの。
これから命尽きるまで、塩とうまく付き合っていきたいですね♪



関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/27 18:47 ] 私の食事へのこだわり | TB(-) | CM(1)
けいぱんさん 確かに塩は塩味をつけるだけではありませんね
改めて読み返すことで、あっそうなんだ、と思いました
塩分控え目にするときも、これらの働きを知らないといけないな~と思いました
[ 2012/08/31 11:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

毛糸のパンダです。

食べたものはカラダの中に入って、「私と共に生き続ける」と知ってからというもの、自然と「カラダにいいもの食べたい~」と思うようになりました。
               
ありがとうございます
ランキングに参加しています。
毛糸のパンダ今日も頑張ります。
 
毛糸のパンダメールフォーム

post2.gif

ご意見・ご質問等は

こちらのメールフォームからどうぞ♪

↓ ↓ ↓


どの記事が役に立ったかな?

コメントありがとうございます
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
♪お友達増やしたいな♪
「体にいいもの食べた~い!」を読んでくださりありがとうございます。
おきてがみ
二日酔い対策は万全かな?
お花見、歓迎会と何かと飲む機会が多い季節。肝臓に優しい飲み方してる?
気になる項目をクリックしてね♪
   
PCみた後は、ストレッチだよ
今日も一日ご苦労様の気持ちをこめて、目のストレッチしようよ。
              ↓  ↓  ↓  
結構お勧めです
FC2カウンター
フリーエリア
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。